コンクリート打ち放し色合わせ補修工法

現場のコンクリートに合わせ、材料に着色し補修。白華防止の撥水材を塗布。補修後の変色はほとんどありません。

写真1

コンクリート打放し仕上げは、橋、柱脚、ダム、擁壁等はもちろんのこと、近年では公共建築物においてもコンクリート打放し仕上げに撥水材塗布という仕様が増えています。 しかし、この仕様はきれいに仕上げることが大変難しい工法です。その主な原因として、以下のようなことがあげられます。

  1. コンクリート打設後、型枠を脱型してみなければ仕上がり具合がわからないこと。
  2. 上階の躯体工事時に角が欠けたり、ベニヤの灰汁、鉄筋の錆び等で汚れること。
  3. 水の溜まりやすい下がり壁等の部分や、打継ぎ目地部分などは仕上りが悪くなってしまうこと。
  4. ジャンカ、コールドジョイントなどが出てしまった場合。
    (補修材で補修をして色が変わり汚くなってしまっている)

最近、コンクリート打放し仕上げ専用補修材料も出てきていますが、コンクリートというのはその現場ごとで使用するセメントや骨材等が違うために微妙に色が違い、なかなか上手く色が合わないのが実状です。また、塗装タイプの補修塗料も出てきていますが、刷毛目が出てしまう上、面全体に塗らなければならないという欠点がありなかなか上手くいきません。
当社のコンクリート打放し仕上げの補修は、現場にてそのコンクリートに合わせ材料に着色し補修するという工法をとっており、現場コンクリートの色に左右されないという利点があります。また、補修後においても白華防止のため撥水材を塗布しておくので補修後の変色がほとんどありません。

当社の色合わせ補修工法では、以下のような事例に対処いたします。

  1. ジャンカ、コンクリートの変形等に伴うはつり後の補修
  2. コールドジョイント部分の補修
  3. 打放し壁と建具取り合いの目地まわりの補修
  4. 躯体打ち継ぎ部分の補修
  5. 躯体工事時のベニヤのあくによる汚れ(クリーニング)
  6. 特殊型枠(円柱等)を使用したコンクリートの補修

部分色あわせ工法

部分色合わせ工法とは、打ち放し面で、目地廻りの欠け、砂地、ジャンカ、開口部間違い等、部分的な不良個所のみの場合に、その部分だけを、周囲の色やパターンにあわせて色合わせを行う工法です。

全面アート工法

全面アート工法は、壁一面の仕上がりが悪い場合や、大面積で仕上がりが悪い場合などにコンクリート全面をコンクリートの下地色から全面補修する工法で、お客様お好みの色、模様に合わせて補修します。この工法は、コンクリート下地のほか、モルタル下地をはじめ、ブロック下地、ベニヤ下地等、下地がしっかり頑強に作られている面であれば、たいていの面をコンクリート打ち放し風に仕上げる事ができる工法で、アート補修した後は、変色防止+表面の均一なつや出しの効果を発揮する保護塗幕を全面に塗ります。  この保護塗幕は撥水効果に優れているので、コンクリート外壁面で使用したときは効果抜群で、コンクリートの中性化を防ぎコンクリートの劣化を遅らせることができ、又、通常であれば雨が降ると外壁面に塗れたシミが付きますが、この保護塗幕を塗ることにより、雨が降っても雨をすべてはじき、いつでもきれいな打ち放し面を保ちます。

SA工法

この工法は、菊水化学の責任施工工法で、当社はSA工法の責任施工店に認定されておりますので、ご安心してお任せください。
SA工法詳細について→http://www.waterplanet.ne.jp/sa/